住宅

北関東の住宅エリア

黒板に描いてある家

開発目覚ましい都市

茨城県は北関東の中で唯一海に面している県です。大自然の恵みを受ける農業、水産業も茨城県の重要な産業です。南部は東京圏から30km程度と近く、鉄道による交通アクセスも良いため東京圏のベッドタウンとしても役割を担っています。近年は研究都市つくばエリア、ひたちなかエリアの発展も目覚ましい特徴の一つです。茨城県は平らな土地の割合が多く、住宅地に適していることから宅地開発も進んでいます。東京からは少し遠いイメージがありますが、近年開通した鉄道のおかげで充分通勤圏内になり、茨城に大きめの注文住宅を建てて東京に通勤する生活を送る人も増えて来ています。土地の安い地域なら、注文住宅でこだわりの家を建てることも充分可能になります。

通勤圏内に家を建てる

茨城に注文住宅を建てることのメリットは、東京圏では庶民では手が届かないような広さや大きさの家が充分可能になることです。かつては山と農村敷かなかった地域も、鉄道の発達のおかげで宅地開発も進み、沿線には大規模マンションが立ち並んでいて、発展している都市の風景が感じられます。また、山や海など自然が残る風景や、大規模な公園の近くで暮らせることは子育て世代にはうれしい住空間と言えます。開発が進む都市と、農村の風景を残す地域と、両方併せ持っているのが茨城県の特徴です。注文住宅を建てて暮らすことは、都市への通勤と自然や田舎に近い暮らしが同時に叶う、特に子育てファミリー層に恩恵が受けられる住み方となっています。

Copyright© 2015 住宅を建てるならサービスが充実した国分建設へ依頼しよう All Rights Reserved.